文化芸術活動の継続支援事業への実績報告の備忘録

どうも、確定申告を無事に終わらせてようやっと文化芸術の方へ着手できるぞとなっている かつぎ屋 紫苑かつぎ です。

 

まだ現時点で終わっていませんが(むしろ実施期間最終日)、実績報告の準備をするならこの土日しかタイミングがない…!!と察知したのでやってます。

 

文化庁の公式サイト

実績報告なにがどうだったっけ?という事もあり、Q&Aや自分が該当する所の注意点を再度確認。

 

今の時点で言える事は、21年2月現時点で20年9月時点のエクセルファイルがしれっと変わって更新されてましたので、最新のファイルをダウンロードした状態で実績報告の書類を作成した方がよろしかろうと思います
(あと、手引きも12月25日改定版になっていました。私が印刷した時点だと11月13日改定のものだった)

 

クレカ取引が一番書類の準備がめんどくさい。
・領収書
・クレカの代金明細書
・通帳(クレカ決済該当部分)
この三点セットが必要

 

A-②は、5万以上の取引に関しては上記の書類の複写を実績報告期間内に送付しないといけないので、あらかた領収書の印刷や準備と資料番号の振り(消1とか借1とか)が終わってるなら提出用の準備を先にした方がいい気がする。

 

あと、ファイルの保管は5年間一冊のファイルにまとめることが必須事項。(手引きP26参照)
ファイル名、ファイル順まで指定されているのでその通りにやろう。

ファイル名:
文化庁令和2年度第2次補正予算事業「文化芸術活動の継続支援事業」
ファイル順:
・(様式第2号)交付決定通知書
・(様式第9号)額の確定通知書
・(様式)実績報告書
・(様式)経費明細計算書
・資料番号を付番した証憑書類(領収書の写し)

 

 

ちなみに私が下準備で別のエクセルファイルでやった事は、資料番号、経費名、取引日、金額(申請時)、補助科目((1)②とかの)、実績額、備考を、順不同だけど、要は経費明細で使うデータを自分でデータベース化させておきました。
送るエクセルファイルは関数入ってるセルもあるから、メモ帳とかに一旦データベースのをコピペ、そこからメモ帳のデータをもっかいコピーして送るファイルにペーストで一気にいける。

 

 

昨日のうちに実績報告書は打ち込み終えたし、申請時にデータベース作ったし領収書の準備もほとんど終わっていたので、あとはクレカの明細に資料番号を振るのと、通帳のスキャンの準備くらいかな……。

実績報告は遅れたらアウトな予感がするので、何はともあれ3月入ったら早々に終わらせたいです。

 

 

後で思い出したら諸々追記していくかもしれない。

 

関連記事

ページ上部へ戻る